【神々が遊ぶ庭】北海道大雪国立公園旭岳に行ってきました。【感動】

こんにちはりゅうじです。

今日は数日前に北海道の大雪山国立公園に訪れましたので、その内容を記録しておきたいと思います。

北海道上川郡東川町に位置する旭岳は北海道で最も高い山であり、「北海道の屋根」ともいわれています。

人生で一度は登っておきたい日本の山の一つでしたので、今回は偶然でしたが、訪れることができてとても嬉しかったです。

見たこともないほど美しい多種多様な高山植物は多くの観光客や登山者を魅了しています。また、姿見の池の上方にある噴火口からはガズが今もものすごい勢いで噴射していました。

またこの旭岳は、日本一遅い雪解けと日本一早い紅葉が訪れると言われています。

夏は非常に短く、暑さのピークは6月中旬から8月上旬あたりだそうです。

僕は8月の末に訪れましたので、短い夏に咲き切った多くの高山植物のその残りを楽しむことができました。

こちらはこれから日本で最も早い秋を迎えます。紅葉をぜひ生で見てみたいです。美しい空気と植物に囲まれたまさに「天空の楽園」は読者の方々にもぜひお訪れていただきたいです。

僕もまた大自然の四季を楽しみに、何度も訪れたいと思います。

ということで今回は異常です。

ありがとうございます。

下記は写真です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です